ロケットストーブの良さ

ロケットストーブの良さ

ロケットストーブの良さ

ロケットストーブがあなたのライフスタイルを変える。
皆さまは寒い日の外で暖を取る時どうしますか?多くの場合、焚火が一般的だと思いますが、実際に火をおこすのは大変です。なかなか火をおこせないし、煙は出るし、炎の調整に手間がかかるし、火傷する可能性もあります。
でも、ロケットストーブは炎が筒の中に吸い込まれながらゴーゴーと音を立てて燃え上がり、煙もほとんど出ないので、誰でも安全に使えアウトドアにも最高なんです。

皆さまは寒い日の外で暖を取る時どうしますか?
多くの場合、焚火が一般的だと思いますが、実際に火をおこすのは大変です。なかなか火をおこせないし、煙は出るし、炎の調整に手間がかかるし、火傷する可能性もあります。
でも、ロケットストーブは炎が筒の中に吸い込まれながらゴーゴーと音を立てて燃え上がり、煙もほとんど出ないので、誰でも安全に使えアウトドアにも最高なんです。

暖を取りながら調理もできる

ロケットストーブで火をおこした後はやっぱり料理です。ロケットストーブの煙突の先からは熱風が勢いよく噴き出すので、加熱コンロと同じように使えるので、やかん、鍋、網を置いて調理をすることができるんです。
燃料をほぼ完全に燃焼させてしまうのが、ロケットストーブの特徴です。煙やススがほとんど出ないので「排熱利用」がしやすく、炎の熱を煙突の先に集中させた「直下コンロ」になるんです。

ロケットストーブの良さ

バーベキューもできる。

バーベキューと言えばアウトドアの定番ですが、炭火をおこすのは超大変・・・。しかも、炭に火を着火させるまで煙も出るし、うちわで扇いだり、正直なところ重労働です。でも、ロケットストーブなら木っ端が燃料になるので着火も早くスタートのスピードは抜群です。今まで野外でバーベキューをするなら炭火が常識でしたが、これからはロケットストーブがバーベキュー概念を変えます。「直火」でできるロケットストーブがあればバーベキューももっと身近なイベントになること間違いなしです。一度、ロケットストーブを使って野外での調理や食事をしたら、新感覚で今までとは違う雰囲気で食事の時間を過ごせると思いますよ。ただ、ロケットストーブは調理できる面積が小さいので七輪を使うような感覚で作れる料理にはピッタリです。

ロケットストーブの良さ

炭火と直火の違い
ロケットストーブの良さ
炭火でバーベキューをすると安定した火力でバーベキューができるので最適だと思います。しかも、煙が出ないので、周りをみんなで囲って食べられるのがいいところです。
火を焚いてバーベキューをすると煙が出て大変ですし、下手をすると燃え広がる危険もあり、実際は直火の炎はとても使いにくいものです。
だから、焚き火でするバーベキューをする感覚はよくわからないと思います。
でも、ロケットストーブは直火でバーベキューがラクラクできるのです。
炭はアウトドアには最適な燃料となりますが、火そのものを楽しむことはできません。もし、赤く燃える炎の揺らめきを眺めながらバーベキューができたらいいなと思いませんか?
そんな方の願望叶えるのがロケットストーブなのです。
ロケットストーブは「炎の調理」を可能にしするんです!燃焼効率がとても良く、煙もほとんど出ず、ススも出にくいのが特長なので、熱風が噴き上げる排気口を加熱調理場に利用できるのです。さらに、炎はライトの代わりにもなるので、夕暮れ時のバーベキューは、さらにみんなで盛り上がること間違いなしです。
ゴミになる木っ端が燃料になる

ロケットストーブの燃料は「木質のゴミ」です。建築廃材や庭で集めた庭木の枝など「雑然とした木っ端」を燃やすのに本領を発揮します。だから、特に本格的な薪を用意する必要がないところもロケットストーブのすごさなのです。
つまり、燃料代はゼロなのでめちゃめちゃ経済的な「火遊び道具」、「焼却炉」でもあるのです。ただ、接着剤の入った合板は避けた方がいいでしょう。

ロケットストーブの良さ
【注意】新聞紙や紙くずは燃えカスが飛び散りますので、ご注意ください。

banatoke